スタジアム

【意外と観やすい】国立競技場ゴール裏の見え方を徹底解説

国立競技場ゴール裏

悩む人
国立競技場のゴール裏からの見え方ってどんな感じ?

 

今回は、こんな疑問にお答えします。

 

本記事の内容

  • 国立競技場のゴール裏とは?
  • 初めて国立競技場のゴール裏に行くのにベストな席は?
  • 国立競技場ゴール裏からの見え方
  • 国立競技場ゴール裏のメリデメ
  • よくある質問

 

本記事の信頼性

筆者はサッカー観戦暦28年で、国立競技場のゴール裏席での観戦経験ありです。

 

本記事を読むと、国立競技場ゴール裏からの見え方がわかり、チケット予約に役立てられます。

ぜひ最後まで読んでいただき、国立競技場でのスポーツ観戦を楽しんでください。

 

会社に行かなきゃいけない仕事だと、仕事の都合でサッカー観戦に行けないことも。それならリモートワークに切り替えてサッカー観戦を思う存分楽しみましょう!人生は一度きり。

国立競技場のゴール裏とは?

国立競技場の北サイドスタンドと南サイドスタンドのことを言います!

ゴール裏エリア

引用元:国立競技場公式サイト

 

北サイドスタンドと南サイドスタンドは、ゴールの裏に位置しています。

だから、ゴール裏なんです。

 

 

国立競技場ゴール裏の見え方でベストな席はココ!

メインスタンドやバックスタンドに近い席が観やすいです!

国立競技場ゴール裏のベストな席国立競技場公式サイトの画を基に作成

 

サッカーは基本的に、ピッチの横から見た方が見やすいです。

なので、ゴール裏の場合もできるだけ横(メインやバックスタンド)に近づいた方が見やすいんですね。

 

注意点として、座って観たい人は1層を避けましょう。

1層ゴール裏は、コアファンが多いので、立ち見になる可能性があるからです。

ご注意を。

 

 

国立競技場ゴール裏からの見え方

1〜3層に分けて、ゴール裏からの見え方をお伝えします。

 

1層ゴール裏

北サイドスタンドの141ブロックあたり

 

南サイドスタンドの118ブロックあたり

https://twitter.com/Chiha86498324/status/1744197109035979032?ref_src=twsrc%5Etfw%7Ctwcamp%5Etweetembed%7Ctwterm%5E1744197109035979032%7Ctwgr%5E464c065da7552307f4786fd6ebb70e7a3486f144%7Ctwcon%5Es1_&ref_url=https%3A%2F%2Fsukinakotoshiteikiru.com%2Fnationalstadium-1layer-seat%2F

 

2層ゴール裏

北サイドスタンドの252ブロックあたり

 

南サイドスタンドの228ブロック

 

3層ゴール裏

北サイドスタンド349ブロックあたり最後列

 

南サイドスタンド324ブロックあたり

 

ゴール裏は2〜3層が見やすいです!

なおかつ、メイン・バックスタンド寄りだとベターですよ。

 

 

国立競技場ゴール裏のメリデメ

メリット

 

実際にゴール裏から観戦して思った、メリデメをご紹介します。

 

メリット

まずは、メリット2つから。

 

チケット代が安い

ゴール裏の席はだいたい最安値です。

それでいて、席からしっかり試合もみられる。

あまりお金をかけたくないという人には最適です。

 

声出し応援ができる

ゴール裏は、堂々と声出し応援ができる場所です!

メインスタンドやバックスタンドでも声出し応援はできます。

なんですが、周りの人が声出ししてないので、気が引けます。

ゴール裏の最大の魅力と言っても過言ではないです!

 

デメリット

デメリットも2つ。

 

混む

一番混むのがゴール裏す。

なぜなら、チケット代が安いから。

これはしょうがないです。

 

見づらい

他のメインスタンド、バックスタンドと比べると見づらいです。

見づらいからこそチケット代が安いというのもあります。

でも、メイン・バックスタンド寄りの席にすればだいぶ解消されます。

 

 

国立競技場ゴール裏の見え方についてよくある質問

質問

ここでは、国立競技場のゴール裏での見え方に関連したよくある質問にお答えしていきます。

 

国立ゴール裏の1層席数は?

ホーム側2,600程度、ビジター側2,300程度です。

「ゴール裏」と言っている対象エリアは以下の通り。

ゴール裏エリア

 

国立競技場の1層席数は?

約12,000席です。

国立競技場1層の席数の詳しい内訳」も合わせてご覧くださいね。

 

国立競技場の1層は何階ですか?

1階です!

国立競技場の階数は少し複雑で、1層は1階、2層2〜3階、3層は4階となってます。

 

国立競技場のメインスタンドはどこにありますか?

国立競技場のメインスタンドについて徹底解説した記事」をぜひご覧ください!

 

 

まとめ:国立競技場ゴール裏の見え方は悪くない

 

国立競技場ゴール裏

まとめます。

  • 国立競技場ゴール裏の見え方は良くはない
  • 国立競技場ゴール裏の席を取るならメイン・バックスタンド寄りにすべし
  • でも安くて、全然試合も観られるからゴール裏はおすすめではある

 

せっかくのスポーツ観戦なら、いい席で見たいですよね。

人生であと何回スポーツを生で見られるでしょうか

あと40年生きるとして、年に2回観戦するとしたらあと80回。たった80回です。

それならいい席で観たいですよね。お金は稼げば返ってきますが、時間は絶対に戻りません。

 

リモートワーク可能な仕事なら、仕事の合間にスタジアムで観戦することもできます。

たった一回の人生。思いっきり好きなことしましょう!

WordPressテーマ
【30、40代向け】未経験からリモートワークになれるおすすめの仕事

 PRを含みます。     このようなお悩みにおこたえします。     筆者はリモートワーク可能な会社に勤めながら、趣味中心の生活をすべく稼げる仕組みを副業で作 ...

続きを見る

 

◾️国立競技場のおすすめの席を知りたい方↓

国立競技場でサッカーを見る時におすすめの座席

 

◾️国立競技場のメインスタンド情報を知りたい方↓

国立競技場メインスタンドの情報

 

◾️国立競技場のバックスタンド情報を知りたい方↓

国立競技場バックスタンドの情報

 

◾️階層ごとに席の見え方を知りたい方↓

1層からの見え方」「2層からの見え方」「3層からの見え方

 

 

以上です。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ちょるみ

推し(マリノス)を中心とした生活をするための情報発信をしています | 副業ブロガー | 本業はスポーツビジネスをやる会社員 | 夢は全国のマリノス好きが各所でリアルに集えるコミュニティを作ること

-スタジアム